TOP > PRESS LABO. Lesson 2
プレス実験室
大好きな洋服だからこそ、 お家でウォッシャブル&ケア!
毎日着たい!お気に入りのヘビロテアイテムや、奮発して買った思い出のアイテムなど、おしゃれ好きにとってはどれも大切な洋服。
汚れを気にしてクローゼットにしまっておいてはもったいない! 真っ白なシャツやカシミア、ウールなどのニット素材、これからの季節に活躍するアウターなど、それぞれに合った正しいお手入れをすれば、傷みを軽減し長い間着ることができます。

DEUXIEME CLASSE青山店で展開中の、ニューヨーク発、ハイセンスでエコロジーなファブリックブランド『The Laundress』を使って、プレス米澤仁美が洗い方やケア方法を体験レポートします。

注:今回ご紹介しているニットの取扱いは、本来ドライクリーニングを推奨していますが、応急処置や自宅でお手入れされたい方に向けて、ケアの方法をご紹介しております。お洗濯の前には品質表示タグを必ずご確認ください。水洗い不可の場合は自宅での洗濯はできません。クリーニング専門店へご相談ください。
Theme2:デリケートなニットも自宅で洗っちゃいます! これからの季節に誰もが手放せないニット素材。着心地よく、温かいから毎日着たい! ですよね。その反面、簡単に洗えないし、毛玉ができやすいしという悩みも…。 そこで今回は、ドライクリーニングでしか洗えなかった衣類のお洗濯に挑戦します。自宅で洗えるウール&カシミア用洗剤『WOOL & CASHMERE SHAMPOO』(500ml/¥2,940)と、毛玉をやさしく絡みとってくれるセーターピルオフストーン『SWEATER STONE』(¥3,150)を使ってレクチャー。


Case1:“お気に入りのニットワンピを洗います!”
頻繁に着ているニットワンピ 見えない皮脂汚れまで、 しっかりと自分ケア


縮んだり、よれたりという心配もなく、また、柔軟剤を使わずに、ふんわりとやわらかな手触りに仕上がりました! “ウールコース”や“手洗いコース”などがあれば、洗濯機でも洗えるんですよ。

まずは洋服を中表にします。袖口や脇、ネックラインなど、皮脂汚れがつきやすい部分には、前回ご紹介したシミ抜き材『STAIN SOLUTION』を直接なじませて。

乾いたままの状態で。水分がなく、しみ込みにくいので、軽くおさえてなじませましょう。

洗面器に人肌くらいのぬるま湯をはり、『WOOL & CASHMERE SHAMPOO』を2押しほど入れます。

手でよくかき混ぜて、洗剤をしっかりと溶かします。

皮脂などの余分な油だけを取り除いてくれる“ヤシ油脂肪酸プロピルベタイン”が配合されているので、ニットの天然成分がそのままキープされます。

ニットの形を整えて、水につけます。
揉まず、こすらず、水につけたままの状態で約30分間。その後、水をたっぷり入れて、数回すすぎます。

洗濯機を使用する場合は、市販のネットに入れて洗ってください。型くずれしないように、洋服がぴったりと収まるサイズ、編み目が細かく、ジップにカバーが付いているタイプがおすすめ。

洗面器の側面でやさしく押すように絞り、形を整えて、バスタオルの上へ。のり巻き状にくるくると巻き、水分を取り除いて終了!

生地を傷める行為は避け、汚れが浮き上がるまで放置。その後のすすぎは水道水でOK。

のり巻き状にくるくると巻き、水分を取り除いて終了!

乾かす時は直射日光の当たらない平干しで! ハンガーに吊るす時は、肩部分をタオルなどで巻き、丸みをもたせるのがコツです。


Case2:“あれ!? 気がついたら毛玉だらけ!”
せっかくのおしゃれが台ナシ! モコモコ毛玉を きれいに取り除きたい!
毛玉になっている部分を平にし、繊維の方向に沿って、一方向に『SWEATER STONE』を軽く動かします。浮いている毛玉だけを絡めていきます。

衣類を傷つけないようにと、ザラザラの面が均一になるよう、人工的に作られた軽石。装飾部分やシルク素材NG。素材表示をよく確認して!

やさしく小刻みに滑らせていくと、衣類を傷めずに、毛玉を取り除くことができます。

袖口や裾、端などはアイロン台や机など、平らな場所に置いて使用しましょう。

上下左右に動かさない! ゴシゴシと力をいれない! ニットを引っ張らない!

生地が薄くなったり、傷んだりするので、力加減には要注意です! 本当に力いらずで、ふわっと動かすだけで、見る見るとキレイになっていくのが気持ちよかった。ニットだけでなく、レギンスやタイツなどの毛玉取りにも使えるんですって!

汚れがつくし、毛玉ができるし… と思うとお気に入りのニットが毎日着られなかったんです。
だから、カシミアやウール素材のケアが、これほどまで簡単に自宅でケアできるのは心強い!
杉の香りがする“ceder”は、防虫効果も期待できるそうだから、この冬は頼りきってしまいそうです。
手玉取りもとっても便利。リブニットやツイードなども、糸がつらないように気をつければOK。ニット好きの私には朗報ばかりです(笑)。
今回も勉強になりました!

11月2日更新予定のテーマは“アウター”を使ってお届けします。(内容は変更になることもあります)

『The Laundress』の商品はここで買えます!
DEUXIEME CLASSEでは、お買い上げ後も長く大切に着ていただけるように、自分でできるアフターケアも重要視しています。そこで、2009年春夏から旗艦店である青山店で『THE LAUNDRESS』の展開をスタート。
自宅で簡単にケアできることはもちろん、パッケージの可愛さや香りの良さなど、今では多くのお客さまが愛用。お友達へのプレゼントとしても人気です!
ぜひ青山店でお手にとってご覧下さい。

>> 青山店の地図はこちら

DEUXIEME CLASSE 青山店
東京都港区南青山5-3-25 tel.03-5469-8868
営業時間:11:00~20:00
撮影協力/THE LAUNDRESS
ファッションを愛する女性たちがスタートさせたニューヨーク発ファブリックケアのスペシャリティブランド。ドライクリーニングを使用せず、大切な洋服が自宅でケアができるように開発。環境にもやさしい、植物性原料で作られた洗剤は香りもよく、エッセンシャルオイルを調合して作られています。
http://www.laundress.jp/
pagetop
入賞者3名のおしゃれテクをレポート

current issue

archives

更新中!

 

DEUXIEME CLASSE (official site)

L'Appartement DEUXIEME CLASSE (official site)

DEUXIEME CLASSE L'allure (official site)

公式モバイルサイト